japaness
korean english chinese japanese
Maitreya Rael
西方のマイトレーヤ
Raelian Movement
UFOは実在するか?
UFOと人類歴史
the Message
無限のシンボルとは?
三宝印
New Message
仏教の中のUFO
輪宝
仏経の預言
鶏の国?
鶏の国フランス
マイトレーヤ出現時期
マイトレーヤの使命
ラエリアンの基本姿勢
弥勒ラエルの著書

 

 

 

 

 


 
HOME > Maitreya Rael

 

     

[無限のシンボル]

旧型(左)新型(右)

 

エロヒムは宇宙の無限を表すこれらのマークを使っており、これを〈無限のシンボル〉と呼ぶ。ラエリアン・ムーブメントもこのシンボルをエンブレムとして採用している。無限のシンボルは、外の〈ダビデの星:(ダビデの星の絵)〉と中の〈スワスティカ:卍〉で構成される。渦巻きの形は(卍)字の変形だ。

 

ダビデの星(左)

万字(右)

   

ダビデの星は空間の無限を現わし、“上にあるものは下にあるものと同じ”という意味を持つ。実験室で人類を創造した異星人たちは無限に小さいものは無限に大きいものと等しい構造になっていることを科学的に立証した。すなわち、体の細胞一つ一つには限りない宇宙が存在し、その中にはまた人間のような知的生命体が暮す無数の惑星が存在する。同じく、私たちを包んでいるこの宇宙は巨大な生命体のとても小さな一部であり、その生命体の上にはもっと巨大な宇宙がある。このように下と上が無限に続いて行く。

スワスティカは時間の無限を表わす。宇宙にあるすべてのものはその形態が変わるだけで永遠に存在する。それは無限大のレベルでも無限小のレベルでもまったく同じなのだ。物質とエネルギーはまったく同じで初めも終りもない。すべてのものは循環する。BC5世紀頃哲学者ヘラクレイトスは“新しく生まれるものもないし、消えるものもない。ただすべてのものはその形が変わるだけだ”と言った。古代人たちは彼らの創造者たちが使っていたこの象徴を神聖に思い保存してきた。したがってその跡は世界のすべての遺物で発見されている。

                    「様々なまんじ」             「コーラン/チベット語死者の書/古いチベットの紋章」

 

infinity5.jpg

infinity6.jpg

infinity7.jpg

infinity8.jpg

 

 

 

日本中部ののうが高原は遠い昔エロヒムの実験室があった場所に推定されている。土着人たちはその山峰に巨大な石の塊で神殿を組上げ創造者の神像を拝めていたと伝えられている。最近日本ラエリアン・ムーブメントはその場所を探訪して驚くべき事実を見つけた。その場所に拝められていた神像とはエロヒムの象徴と同じものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 
異星人エロヒムは預言者ラエルが西方で生まれた仏陀であることを明らかにしている。

Contact : 010-9603-5615

E-mail : muhan401@hanmail.net

Copyright(c) 弥勒菩薩ラエル All right Reserved